IMG-3834.jpg
IMG_3934.jpg
 
DSC09607.JPG
IMG-1742.JPG

私はニュートリション(栄養素)とナノテクノロジー(パッチ)と電解水(水素)を活用した生化学療法に力を注いでいます。

 

生化学は、生物物理学とも精通する分野でこの三つの共通点は電子です。これら形や方法は違いますが、電子を取り込み酸化要因の活性酸素の還元が目的です。

 

その私に生化学療法の礎を築いていてくれた友人が、元 Pinnacle CEO ゲーリー・コールマン氏です。私たちは、効力の高いホールフードサプリメントの理解を広めるために 2007 年 OFFA を開設しました。

人々は、合成ビタミン、ミネラル結晶と天然ホールフードビタミン、キレートされた有機と無機ミネラルの違いを知りません。

私たちの体は、化学物質ではなく、食物から栄養素を吸収するように作られました。遺伝的に育てられていないホールフード食品のみから作られたサプリメントの違いを確認してください。

今回ご紹介する VITAL BODY のサプリメント "VFV" は、16 年前に 米国 Food For Health 社が販売していた  9 a day+ というサプリメントがベースとなっています。

 

当時  9 a day+ はユニークな発想と桁外れの処方で、1 日に 9 皿分の果物と野菜、プロバイオテック、消化酵素、フィトケミカルの栄養素を一度で摂取できると評価され全米で話題となりました。日本のニュースでも放映されました。

 

実際にこのサプリメントで多くの人が、健康を取り戻したことをはっきり覚えています。その 9 a day+ を処方したのがミッシェルいう女性管理栄養士です。

 

現在、彼女は母となり忙しい毎日の中で家族の栄養管理も行っています。そのミッシェルが 9 a day+ をさらに強化しグレードアップさせ、新しく処方したのが Vital Fruit  and  Vegetable  ”VFV” です。

(ゲーリーがミッシェルを Food For Health からVital Body に導きました。)

 

この"VFV" には、ゲーリーと私の人生を大きく変えた   PINNACLE PACK から 25 年間のストーリーが詰まっています。

15年前:

オーガニック・ホールフーズ・ニュートリション

野菜や果物などのホールフーズニュートリション(果物や野菜全体の栄養)が与える疾患の予防と治療への重要さを臨床試験が立証しています。しかし残念ながら、米国立癌研究所と米国農務省食生局が勧める一日9皿分の果物や野菜、その他自然食品類を食べている人はほとんどいませんでした。

最適な健康を望みながらも、悪い食習慣や経済的な理由、栄養のことやホールフードに対する情報不足といった理由から、これを達成できない人たちへ世界で最も完全で、総合的 かつ安全な栄養サプリメントを開発致しました。

我社のオーガニック・ホールフーズ・ニュートリション製品 9 a day plus をご覧ください。

 

ナインアデイプラス® について

ナインアデイプラス®は あなたの必要な栄養素の摂取に対応するよう特に開発されました。

この野菜と果物のみで作られたフォーミュラ は、合成物質、細分化ビタミンや無機物質さらに除草剤、農薬、その他有害である化学物質を完全に排除しています。


ナインアデイプラス® は最適な健康 のための特定主成分を含有する栄養豊富なサプリメントです。

1袋(9カプセル)で27種類のオーガニック野菜と果物を9皿分摂取できます。

DSC079252.jpg
CHINA FREE PRODUCT2.jpg
544.jpg
img009.jpg

ビタミンとミネラル

天然ホールフードビタミンと合成ビタミン

フランク・デービス:

Food For Health より

 

今までに例を見ないほど、販売する側や消費者もビタミンやミネラルサプリメント製品について殆ど情報がない状態で、何十億というお金が宣伝や購入に使われていると言っても過言ではありません。
 

年間に何十億と使われていますが、殆どの消費者、販売者、ダイレクトセールスの人達は、合成、結晶、真天然ホールフードのビタミンの違いや、有機キレート、無機ミネラルの違いについて知っていません。

 

以下の情報により、十分な知識と臨床結果をもち、貴方と貴方の家族の健康の為に、教養を持った判断が出来ればと思います。

 

「全ての病気、病態、病弊の原因は、ビタミンやミネラルの欠乏からであると言える」

ライナス・ポーリング博士-著名な科学者、ノーベル賞を二度受賞

 

ガンや心臓病のような長期的な症状は、その状態になるまで何十年と掛かります。シワや脳の衰えも同様です。これの事から、世界のビタミン、ミネラル、抗酸化物質の権威ある人達は、知られている栄養を摂るには、早過ぎることは無いと言います。

 

長年の研究を通じて、カリフォルニア大学バークレー校のレスター・パッカー(分子・細胞生物学)博士は、70%以上の人が、抗酸化物質の不足や抗酸化物質の不足と関係する病気により、早すぎる死を迎えてしまうと心配しています。しかし、20代、30代や40代の時のように若さを保つ事で、後々に体を修復する代わりに、体を若く保ち、また病気にかからなくする事ができます。(注意:抗酸化物質は、食品学者によりファイトケミカル(植物性化学物質)、ファイトニュートリエント(植物性栄養素)、カロチノイドとも呼ばれています)

 

栄養素的に私たちに何が起こっているのでしょうか?

 

私達は食べた物と、生活するうえで選択した生活習慣の結果であると言えます。遺伝による病気というものもありますが、これらを含めても適切に栄養素をとり、生活習慣を変える事で早すぎる病気や死因となる病気のリスクを大幅に軽減する事ができます。

 

1980年代にアメリカの農務省が行った5万人を対象とした調査が行われ、その結果、誰一人として通常の健康を保つ為に推奨された10項目の必須ビタミン量を摂っていない事が判りました。

 

私達は何年にも渡り、必要なビタミンやミネラルをバランスの取れた食事をする事で摂取できると聞いていました。問題は、必要な栄養素を十分取れるだけの食べ物の量を食べられないという点です。90%以上の人が、推奨された一日分のフルーツや野菜を食べないのです。仮に食べたとしても、現在の物は、40年や50年前の物が持っていたビタミン、ミネラルを含んでいません。(カナダの研究結果を参照ください)以前は、農家が自然の肥料や輪作を行う事で、土壌を修復していたのです。現在では、膨大な化学物質を使用し、十分な栄養素となるのに必要な元素を土壌から枯渇させ、綺麗で見栄えが良く、ビタミンや、私達が含まれているべきと思う他の栄養素を含んでいない作物が消費者に届き、これらが含むビタミン、ミネラル、他の必須栄養素(ファイト・ニュートリエント)は、50年前の作物には到底及びません。

 

別の問題としては、殆どのビタミンや他の価値のあるミネラルは加工により失われるという事です。調理、冷凍はかなりのビタミン、ミネラル、そして食品としての価値を損ないます。これの問題に加え、フレーバー調整剤、人口着色料、安定剤、化学物質による保存料などが存在します。更に、研究では、大気汚染や酸素の減少により、食品の栄養素は継続的に減少しているとされています。

また、主流の販売方法において、ビタミンやミネラルは分離する事ができ、正確な量を計算し、断片化(合成)物により、総合的に恩恵を受ける事ができるという風潮を作っています。これ以上の間違った考えはありません。ビタミン、ミネラル、酵素は綿密に相互に働き、相乗効果を出すものです。(ビタミンが補酵素と呼ばれる由縁です)もし、片方が欠乏や、異なる状態や量だとすると、消化工程全体が正常に機能しません。結果として、不健康の循環となり、これらは暫くの間感知される事はないでしょう。

では答えは?

 

我々が直面しているジレンマは、もし必要な栄養素の全てを食べ物から摂る事ができないとなると、どうするかという事です。サプリメントで補給します。但し、正しいサプリメントをという事です。

 

「もし、全ての人が数個のサプリメントを毎日とると、数多くの深刻な病気になるリスクを大幅に軽減できる事を示すに十分なデータがある」 デビッド・ヒーバー医学博士 UCLA人間栄養素センター

 

もし貴方が、この必要性を満たしていると考えていたとしても、現存のビタミン&ミネラルサプリメントの恩恵を殆ど受けていないかも知れません。研究では。90%以上のビタミン錠は吸収されること無く、体内を通過します。この主な原因は、殆どのビタミン&ミネラルサプリメントは、研究室で開発された合成物質成分の他には殆ど何も含んでいないからです。自然成分は、合成物質や異質の物質を拒否するように出来ている人体にとって、より効率よく利用されます。

合成の断片化された化学ビタミンは、土壌で育っていません、日光を取り入れた事もありません、活きた状態ではなく、また活きた物の一部でもありません。これらは単純に化学物質なのです。人体にとっては、薬物の1つにしか過ぎません。合成ビタミンは大量に摂取されると毒性があり、実際に白血球の数が増えます。ビタミンは一日の必要量というのは微々たるものです。これと比較し、ホールフードビタミンは、ビタミンが複合体であり、欠損なく、活きている状態であり、人体から何も必要とせず、免疫反応を引き起こす事もなく、毒性が全くありません。

ホールフードビタミンは、ビタミンが豊富な植物から得る事ができ、水分と食物繊維を低温真空加工により取り除き、化学物質がない状態で形状を維持する為にパッケージングします。ビタミン複合体を欠損する事無く得る事ができ、それらの機能性と栄養素結合を保持する事ができます。体内に入った際には、人体はビタミン複合体から欠損した要素を補填する為に、人体に貯蓄されたものを引き出す必要はありません。

 「我々は母なる自然が与えてくれた食べ物から学ぶべき事はまだある。

食べ物は、人工的に研究室で複製する事はできない。」

ガブリエル・クローセンズ 医学博士

 

フィンランドでの臨床試験の例が、New England Journal of Medicineに発表されました。

  • 自然ホールフード状態の25mgのビタミンCは、壊血病を治癒するが、250mgの合成ビタミンC(アスコルビン酸)は治癒しない。

  • 「海水」は研究室にて合成可能であるが、そこに魚を入れると魚は死ぬ。

 

 

合成ビタミンを長期的に摂ると人体に何が起こるのですか?

 

殆どの人は、各種ビタミンが高温で加工され、石油から派生する溶解物質(コールタール派生物、エチルセルロース等)を含み、それらが塩化メチル(発がん性物質)でコーティングされている事を知りません。これらの起源は活きた食物ではなく、不活性な化学物質であり、長期にわたり大量に使用すると、危険になる可能性があります。

 

ゾルタン・ロナ医学博士によると「殆どの健康的な人はビタミンに含まれる微量の毒性物質を摂ることで顕著な副作用が出る事はありませんが、長期的に毎日摂った場合には、危険になる可能性はあります。」といい、またロナ医学博士は、これらの反応は倦怠感、記憶喪失、うつ、不眠症、肝臓障害の危険性と言います。

 

フィンランドの研究結果が最近のNew England Journal of Medicineに発表され、「合成のビタミンを摂るのは、飢えよりも悪い!合成ビタミンがより早く死をもたらせる」と書かれています。この表現は、攻撃的であり大げさ以上のものでもあると認めたるとしても、研究者達が合成ビタミンを使用する事での危険性を伝えたい事を強調していると言えます。

 

生体組織というのは、非常に複雑で、物質を作る事に特化しています。また、生体組織は常に細胞、臓器、組織を壊し、再生や修復を独自に行っています。これらの過程で人体は継続的に質の高い物質を持っている必要があるのです。

もし、家を建てた時に安い模造の建材を使っていたとすると、家はすぐに破損するでしょう。人体も同じです。人体は綿密に作られ、とても難解で複雑です。現在までの全ての科学や医学の研究をもっても、表面の一部を理解し始めたに過ぎません。

以下は、この点を理解する多くの資料のごく一部です:

  • 1994年4月14日のThe New England Journal of Medicineに2万9千人の男性喫煙者に合成のベータカロチンと合成のビタミンEを与え、ビタミンのがん予防効果についての評価をする研究が掲載されました。10年後に、合成ベータカロチンを摂っていた男性は肺がん、心臓発作が18%多く、死因全てで8%多かったのです。合成ビタミンEを摂っていた男性は、心臓発作が多いとなりました。食品を起源とする同じ栄養素(フルーツ、野菜等)では、常にガン、心臓発作の予防を示しています。
     

  • 1995年11月23日のThe New England Journal of Medicineに以下の報告があります。22,748人の妊婦に合成のビタミンAが与えられました。4年後にはその調査は中止されました。これは、10,000IU/日を摂っていた妊婦に先天性異常が240%も増加し、20,000IU/日を摂っていた妊婦においては、400%も増加した為です。自然の食品起源のビタミンAを摂っていた妊婦には、先天性異常の増加は全く見られませんでした。
     

  • 2000年3月3日にReuters Healthに報告された500mgの合成ビタミンCを男性が毎日摂った場合の研究結果があります。18ヶ月の間に、頚動脈の内部が250%も厚くなりました。この厚みは動脈硬化の正確な計測です。合成ビタミンCは500mgの摂取でも動脈硬化を誘引していたという事です。ホールフードビタミンCは血管の内部を保護し修復し、また動脈硬化を防ぎます。

 

 

自分には何がベストなのですか?

国立ガン研究所より発表されている研究や臨床結果をもとに、Food for Health International社は、全て自然の栄養素からなるホールフードのサプリメントを開発しました。私達の処方は、合成物質や断片化された成分を含まないことを確実にする為に注意深く選択されたものです。

Food for Health社の全ての製品は必要とされる栄養素を述べる際に「ホールフード」複合体といえます。成分(特にフルーツ、ベリー、野菜)はオーガニック(有機栽培)の証明がされており、殺虫剤、除草剤、除菌剤が使用されていないミネラルの豊富な沖積土で栽培されています、これらは母なる大地を意識したものです。最適な健康の為に、私達の製品は他の強力な成分(消化酵素、プロバイオティクス、ホールフードを起源とするビタミンB複合体、アミノ酸キレートミネラル、抗酸化物質、必須オメガ脂肪酸)を含んでいます。

Food for Health社の製品を使用する事で、栄養素成分については、100%自然であり合成物質を含んでいない物を摂っていると言えます。

※現在、約110社がアメリカ国内でビタミンを販売しています。5社若しくはそれより少数の会社がホールフードビタミンを使用しています。理由は単純です:ホールフードビタミンは製造コストが高いからです。世界の中でも幾つかの大きな製薬会社が合成ビタミンを110のビタミン会社の殆どへ大量に生産し、これらの会社は独自の製品ラベルを貼り、それぞれの会社が自社製品はベスト!とうたっているのです。また、これだけでなく、シリアル、食パン、パスタ、缶詰、乳製品、ビスケット、クッキー等・・・これの殆どは栄養素(ビタミン)が強化(添加)されています・・・合成ビタミンです。

アメリカの人々は、年間に200億ドルを合成ビタミンに費やしています。ビタミンとミネラルの重要性について、70年以上も教えられてきました。さらに現在では、抗酸化ビタミンの情報が追加され溢れています。私達が購入する食品の大半は、強化され添加されているものです。

ここで問われる事は・・・これらの全ての異なるビタミン、ミネラル、抗酸化物質サプリメント、強化&添加された食品が購入することができるのに、何故アメリカの人達は、過去の歴史の中で一番不健康なのでしょうか?何かがおかしいのです・・・消費する食品に合成成分を過剰に使っているという可能性はあるのではないでしょうか?

img004.jpg

私達のとっているビタミン

ゲーリー・コールマン

 

約70年近くも私たちは、ビタミンとミネラルをサプリメントとして必要とされる情報に圧倒されてきました。健康食品のお店、食料品店、または幾つかの医師の事務所では、箱やボトルに入った錠剤、カプセルのビタミンやミネラルのサプリメント、美味しく調合された“シェーク”のような缶入りの粉末でさえも棚に置いてあります。“栄養素的”サプリメントをディストリビューターに販売するネットワークマーケティング会社の数も見てください。文字通り、数百もの会社が製品を宣伝し販売しています!とても綺麗な販促物、上手にレイアウトされたウェブサイトを使い、これらそれぞれの会社は「私達の製品がベスト!」と賞賛しています。メール等で医師により署名された、新しい栄養素フォーミュラ(処方)や、如何なる病気も治癒する「可能性が極めて高い」幅広いビタミンやミネラルのカタログを受け取らないで過ぎる月はありません。

 

上記全ての事を念頭におき、アメリカの人口の健康状態を見てください。癌の発症率が過去最高であり、増えているという事を知るのに必要なものは、CDC(米国疾病予防管理センター)が発表している健康と死亡数の統計のみです。

心臓血管病や発作数は過去最高です。子供と大人の糖尿病の数も過去最高で急激に増えています。関節炎や関節の痛みの発症も過去最高です。これら全ての健康の為の製品が販売されています・・・なぜこれらの重大な病気の発症数が増えているのですか?仮に私達が、栄養価を強化され高められた食品を摂り続け、忠実に毎日のビタミンとミネラルのサプリメントを摂っていれば、私達全てが健康になるはずでは?答えはもちろん「そのとおり」です、私達全てがより健康に・・・それ以上に健康になります!

 

何故私達は、より健康的ではないのでしょうか?何故、多くの人が風邪、インフルエンザ、のどの痛み、アレルギー、肺炎で苦しむのでしょうか?どのように、またどうして私達の免疫機能がこれほど衰弱したのでしょうか?多くの栄養価を強化され高められた食品を含め、栄養サプリメントを入手する事ができます・・・私達は社会全体として、最適な健康と限りないエネルギーに引かれているはずです!しかしながら、全く反対が現実です!疲れが毎日の日課のようになっています。

 

「良い健康」について、以下の事を考えてください:

  • 牛乳はビタミンAとDによって栄養価を強化され、高められています。

  • 殆どのシリアルは、重要なビタミンとミネラル群により栄養価を強化され、高められています・・・多くの場合は、1日当りの摂取勧告量の100%です。

  • パン、ケーキミックス、ビスケットミックス、パンケーキミックス、コーンブレッドミックス、フロスト、マフィン、パイ、クッキー、ラッカーは全てビタミンAと殆どのビタミンB群と幾つかのミネラルにより栄養価を強化され高められています。

  • パックのパスタは殆どのビタミンB群と鉄分、亜鉛により栄養価を強化され高められています。

  • 普通に搾取や圧縮によるものを除いて、殆どのフルーツや野菜ジュースは、少なくともビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンA(パルミテート)、カルシウム(クエン酸カルシウム、炭酸カルシウム、アスコルビン酸カルシウム、リン酸カルシウム)により、栄養価を強化され高められています。

  • 多くの缶詰(スープ、フルーツ、野菜、パスタ、豆、その他)は、多種のビタミンやミネラルにより栄養価を強化され高められています。

  • 食品のリストは延々と続きます・・・成分表を見るだけでよいのです。私達が食べる殆どの食品は、添加された栄養素としてビタミン及びミネラルで栄養価を強化され、高められているのです・・・全て合成の形で!個人の疑いの程度にもよりますが、私達の体は危険の可能性のある研究室で作られた成分を摂りすぎているのです。

 

そして、栄養価の強化や高める度合いが十分でない場合には、殆どの食品はコーンシロップ果糖(肥満や糖尿病の主たる原因)「血中脂質への高コーンシロップ果糖の影響」 American Journal of Clinical Nutrition, 37:5, 1983, 740-748、また、部分水素化油脂(糖尿、癌、心臓血管病の原因として知られている)が加えられます。The New England Journal of Medicine, June 24, 1999 Vol. 340, No. 25)

 

 

これら全ての栄養価の強化や付加が我々の食品にあり、また何十億ドルも毎年栄養サプリメントに費やしているにもかかわらず、アメリカ人は過去に例をみないほど、重大な疾病に苦しんでいるのでしょうか?アメリカ人は一番過食でありながら、世界で一番の栄養不足ということでしょうか?

 

これらを見てください、あなたにとって何を意味するのでしょうか?

ピリドキシン塩酸塩、チアミン塩酸塩、チアミン硝酸塩、チアミン塩化物、コバラミン、ナイアシン、ナイアシンアミド、アスコルビン酸、バファードアスコルビン酸、リボフラビン、酢酸d-アルファトコフェロール、酢酸dl-アルファトコフェロール、アルファトコフェロール、コハク酸、重酒石酸コリン、プテロイグルタミン酸。これらは全てビタミンの事をいいます・・・合成断片化ビタミンです。これらは、研究室で化学物質から作られ、活きたフルーツ、ベリー、野菜、ナッツ、種、穀物のようなホールフードとは異なります。これらは、食べるのによい栄養素というよりも化学の授業で使う教科書のように見えます。

 

次に、これらを見てください、あなたにとって何を意味するのでしょか?

炭酸カルシウム、クエン酸カルシウム、アスコルビン酸カルシウム、パントテン酸カルシウム、リン酸三カルシウム、ヨウ化カリウム、グルコン酸第一鉄、硫酸第一鉄、グルコン酸銅、クエン酸銅、リン酸マグネシウム、クエン酸マグネシウム、参加マグネシウム、ホウ酸カリウム、クエン酸マンガン、グリセロリン酸マンガン、クロミウムポリニコチネート、三酸化モリブデン、L-セレノメチオニン、亜セレン酸ナトリウム、硫酸バナジル、硫酸亜鉛、酢酸亜鉛。これらの言葉は全て合成の無機ミネラル塩のことをいいます。これらの物質は個々に研究室で作られ・・・全て化学ベースです。再度ですが、栄養のある食べ物というよりも、化学の授業のように見えます。

 

「良い健康と利用」を考えると、私達は文字通り研究室で合成され、断片化された無機の成分を過剰摂取しているのでしょうか?これらの化学物質は不要の毒素を肝臓に蓄積し、身体の病気の原因となる可能性は多いにあります。

 

 

幾つかの事実を見てみましょう:

  • シリアルの箱、パン、牛乳を見てください、そして棚にあるビタミン、ミネラル、抗酸化のサプリメントのラベルを見てください。抗酸化物質とハーブ添加物で「食物由来」と記載のある可能性はありますが、それ以外は全て同一です。私達は、肝臓に毒素を蓄積する合成化学物質を過剰摂取しているという可能性があるのでしょうか?
     

  • 仮にバランスの取れた食事を摂っていれば、必要とされるビタミンやミネラルを得る事ができると何年も言われてきました。本当でしょうか!90%以上のアメリカ人は、一日当りの推奨された量のフルーツと野菜を食べていません。仮に、最大の努力をし、野菜を食べたとしても生産者の店で購入したものですら、40年若しくは50年前に含まれていたビタミンやミネラルを含んでいないのです・・・土壌は年月の経過により生命を持続させる栄養素を著しく枯渇しています。
     

  • 米国農務省が1980年代に5万人を用いて行った研究では、誰1人として、ホールフードに含まれる10種類の必死ビタミン、ミネラルを推奨された一日当りの摂取量(RDA)を摂っていませんでした・・・特にフルーツと野菜に関して。多くのケースでは、最適な健康には、近年生産されているホールフードを元とするビタミンやミネラルでは、RDAを満たすことはできないのです。これらから、マルチビタミン・ミネラル栄養サプリメントは摂るべきなのでしょか?当然です、強くそうお勧めします、ただし、正しい物を!

 

幾つかのビタミンは健康に悪影響を与えます

タラ・パーカー・ポープ氏の2006年3月20日(月)のウォールストリート・ジャーナル記事にあるように、幾つかのビタミンは、健康に悪影響を与える可能性があります。殆どの人々は、大きく宣伝されている有名なブランドのものも、工場で高い温度で製造され、原油を元とするエチルセルロース、コールタール、アセトン等の溶剤を含み、塩化メチレン(発がん性物質)でコーティングされていることに気づいていません。ホールフードを元とする自然のビタミン複合体というよりも、これらは断片化された化学物質なのです・・・全体の断片化した部分でしかないのです。

 

 

ゾルタン P ロナ医学博士によると、「殆どの健康的な人は、安物(断片化/合成)ビタミンに含まれる少量の毒素を摂取することで明らかな副作用というのはありませんが、長期的に、継続して毎日摂る事を考えると危険になりえます。7%以上の人口は、これらの化学物質に敏感という結果があります。」ロナ医師は、「アレルギー反応は疲れ、記憶喪失、うつ病、不眠症を含みます」と言い添えました。

 

断片化された(合成)ビタミンとは何ですか?

Health & Beyondに記載されていたベン・キム医師の記事です。

「ビタミンCは良い例です。ビタミンCの数多くあるサプリメントを見てください、殆どの物がアスコルビン酸または、アスコルベートという複合体(酸性度がアスコルビン酸より低いもの)のみを含んでいる事に気づきます。アスコルビン酸は、ビタミンC複合体とは異なり、卵の殻が卵を中身を保護しているような存在です。フルーツや野菜のホールフードに見られる本当のビタミンCは、以下の8つから構成されており、アスコルビン酸はそのうちの1つです。

  • ルチン

  • ビオフラビン(ビタミンP)

  • ファクターK

  • ファクターJ

  • ファクターP

  • チロシナーゼ

  • アスコルビノゲン

  • アスコルビン酸

 

見てお分かりのとおり、アスコルビン酸は複合体全体の1/8です。つまり、ビタミンC(アスコルビン酸)は「断片」化されたものです。現実的に、明確にしてみましょう。アスコルビン酸はビタミンCではありません。アスコルビン酸は、生体利用性のあるビタミンC複合体の断片であるアスコルビン酸です!一般的に、断片を摂るということは、その物質全体を摂るとは違うと思います。断片が全て本来とは違う物から取られ、「同じもの(製造コストが安い)」とされても、人体は違いに気づきます。生き物に死んだ物質を入れ、長期的に良好な結果を望むという事はできません。

 

しかしながら、食事を変え、より多くのフルーツ、野菜、ホールフードの栄養素を摂ったとして、継続的な心肺血管と運動プログラムを併用することがないのであれば、長期的に全体の良い健康というものは妥協されてしまいます。もし、運動を行っていないのであれば、行ってください・・・助けを求めてでも。個人トレーナーは殆どのフィットネスセンターに居ます。もし、予算が問題であれば、少なくともどうやって始めるのかを聞いてください・・・これによって心理的や肉体的な活力を改善し、生活の質を上げることにもなり、貴方の一生を救う事にもなり得るのです。